ポインセチア
ポインセチア

ポインセチア

クリスマスが近づいてくると、街で『ポインセチア』を

たくさん見かけますよね?!

クリスマスの花のイメージも強いですが、

やはり花言葉は、
『聖夜』『祝福する』
『幸運を祈る』『私の心は燃えている』

といった、クリスマスを連想させるもので、ステキです✨

また色により

ピンク→『思いやり』『清純』
白→『慕われる人』『あなたの祝福を祈る』

といった、別の意味があるんです♡

ポインセチアがクリスマスの由来になった一つに、
クリスマスカラーの『赤・白・緑』があります。

赤は『キリストの流した血』、
白は『純潔』
緑は『永遠の命や愛』

をあらわします。

また、『ポインセチア』の名前の由来は、
米初代駐メキシコ大使の名前 “ ポインセット ” 氏からで、
メキシコ滞在時に自生していたポインセチアを
アメリカに持ち帰り、普及させたそうです。

●原産 メキシコ西部

●品種 トウダイグサ科
    ユーフォルビア属

●種類 ウィンターローズ、プリンセチア、プリメーロジングル、

ゴールド、アイスパンチ、シャンペンパンチ、バーガンディ等

●育て方のコツ

①日光によく当てる
→室内の窓際か、木漏れ日の 
 当たる暖かい場所に置く

②10℃以上に室温を保つ
→寒くて湿る環境が苦手。
 日光が程よくあたる室内
 で、
 気温10℃を下回らいない
 窓際がベスト。

●水やり

 生育期の4〜10月によく育ちます。
 休眠期の11〜3月は生育がにぶります。
 生育期には土が乾きやすいので水をやや多めに、
 水は根元にかかるようにします。葉や茎に水がかかると、

傷みの原因に☝️✨

 逆に休眠期は、根腐れするので、水のやり過ぎには

気をつけましょう!
 土の中に割り箸を入れて確認すると、乾き具合が分かりやすいです。

●追肥

5〜7月は、薄めた液体肥料を約月1程度、
8〜10月は「緩効性」の固形肥料を
月に2回程度あげます。
(緩効性肥料→肥料濃度を急激に高めず、

じっくり効果が持続する肥料)

●短日処理

一定の日光に当てた後、日光を遮断することで、

『冬が来た』と錯覚させ、葉を赤っぽく変化させる作業です。

ポインセチアは、日光に当たる時間が短くなってから

ようやく花芽をつけ、葉を赤く色づけます。

特にクリスマスの時期に葉を赤くしたい場合は、
『短日処理』で葉の色をコントロールします。

『短日処理』をする場合は、葉を色づけたい2ヶ月前からの

準備が必要です☝️✨

毎日、17時〜翌朝7時までの時間帯に、まず段ボールの

隙間から光が入らないよう、黒いビニール袋等で被せ、

日光や蛍光灯の光を遮断します。

この時、少しでも光が入ると苦労は水の泡ですから、

気をつけて下さいね♪

また、ポインセチアの葉や茎など繊細な植物なので、
そっと、そっと、優しく❤️

ハロウィン🎃も終わり、
あと2ヶ月弱で、
いよいよ待ちに待ったクリスマスがやってきます♪

お部屋に『ポインセチア』を置いて、
今からクリスマス気分を味わうのはいかがですか?!

ご来店
お待ちしております😆💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です